トップページ > 介護情報 > バリアフリー住宅改修サービス

介護

工事を伴う住宅改修のうち、介護保険が適用されて
居宅介護住宅改修費等を支給されるケースは、以下の6種類です
介護保険住宅改修基準額は20万円。
(工事費用が20万円以下であれば自己負担はその1割です)
住宅改修施工後、工事費用の全額(10割)を事業者に支払
その後でご利用者から市区町村に対して、保険給付される費用
(20万円以下であれば工事費用の9割)を請求できる仕組みです。
ご利用者の負担は1割とます。(消費税は内税・償還い方法)



手すりの取り付け ・廊下、トイレ、浴室、玄関から道路までの通路などに、移動または移乗動作の助けとなるものを設置する工事。
段差の解消 ・敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げなどの工事
滑りの防止、および移動の円滑化などのための床などの材料の変更 ・室内においての畳敷きから板製床材、ビニル系床材などへの変更。浴室においては床材のすべりにくいものへの変更など。
引き戸などへの
扉の取り替え
・開き戸を、引き戸・折り戸・アコーディオンカーテンなどに取り替え、そのほかドアノブの変更、戸車の設置なども含まれる。
洋式便器などへの便器の取り替え ・和式便器を洋式便器(暖房便座・洗浄機能付き)に取り替える工事。
その他これらの工事に付帯して必要な工事 ・手すりの取り付けのための壁の下地補強など。
屋外てすり
(介護保険対象工事)
段差解消機
(介護保険対象外工事)
レンタル対応できる物も
あります




階段昇降機
(介護保険対象外-
補助制度有り)
■ 洋式便器への便器の取り替え
(介護保険対象工事・補助制度有り)


改修前



改修後